昔の脱毛体験日記

昔の脱毛体験

初めて脱毛したのは小学2年生の頃でした。
もともと普通の友達より倍以上も毛が濃くて、いじめられてこともあるほどで、母に言っても何の対処法も教えてくれず、
自ら引っ張って手で抜いていても次から次へと生えてきてしまい全然ダメでした。

 

それが5年生になったとき、脇にも毛が生えてきて、プールの授業に行きたくなくなりました。
ほかの子は全然生えていないのに、自分だけボーボーだったからです。
そりたいと母にごねましたが、相手にしてくれず、これも自ら手で抜きました。

 

脇だけは毛も長く、きれいに抜くことができ、泣くほど喜びました。
今になってもなぜ母はあんなにかたくなに無駄毛の処理をさせなかったのか疑問が残ります。
濃くなるから?でも、そらないで抜く方法はいくらだってあります。

 

私の若いころだって、除毛クリームや脱毛テープ、脱毛器だって手ごろな価格でありました。
毛抜きくらい買ってくれてもよかったのに、なぜだめだったのか。ピュウベッロに通って綺麗にしたかった。
何の目的があってピュウベッロなどの脱毛サロンに通わせてくれなかったのでしょうか。

 

そのせいでいじめられてもいいのかと恨んでもいましたが、いじめにあったことで強くなったのは確かです。
ですが、いまだにそのころの友達に会うと毛のことを言われます。
こういうことにならないよう、娘の時はエステにでもどこへでも連れて行こうと思っています。